6/21/2018

「忘れないで」女児死亡で黙とう-大阪北部地震

 



女児が亡くなった寿栄小学校近くに設置された献花台で手を合わせる人たち=2018年6月19日午前10時7分、大阪府高槻市、川村直子撮影


大阪府北部を中心とする最大震度6弱の地震から4日目の21日、ブロック塀が倒れ女児が死亡する事故があった同府高槻市の市立寿栄小学校など約160校で授業が再開された。府によると、一部で授業の短縮などはあるが、地震による府内の公立小中学校の休校は全てなくなった。





寿栄小4年の三宅璃奈さん(9)は登校中に地震で崩れてきた学校のブロック塀に巻き込まれ亡くなった。高さなどが建築基準法に沿わず、違法建築だったことが分かっている。

同小では午前8時ごろから、保護者に手を引かれ児童が登校。校門で出迎えた教員らに「おはよう」と元気にあいさつしたが、中には表情が硬く緊張が解けない様子の児童もいた。
 田中良美校長は臨時の全校集会で事故を説明。「笑顔がすてきで、夢に向かってとても頑張る子でした。みんなも忘れないでください」と話すと、涙ぐむ児童もいたという。全校で黙とうをささげ、冥福を祈った。





21日は約20人が欠席し、田中校長は「怖い気持ち、不安な思いは我慢せず助けを求めて。先生たちは安心に学校生活を送れるよう頑張ります」と呼び掛けた。市はカウンセラーを常駐させるなど心のケアに当たる。




 事故現場付近は通行が規制されたまま。献花台に手を合わせる母親の姿も見られた。浜田剛史市長も献花に訪れ、「申し訳ない思いでいっぱいだ。安全確保に取り組む」と話した。

 同小は地震後、通学路の安全確認などに追われ休校を続けていた。ガスがまだ止まっており、給食が出せないため、授業は午前中のみ。同日夜には事故に関する保護者向け説明会も開く。

 被災地では建物の危険度判定や、ボランティアの活動も始まった。

 総務省消防庁のまとめでは21日午前6時現在、地震による死者は5人、けが人は430人。建物709棟が被害を受け、約1600人が避難している。

https://www.jiji.com




記事は2018年6月21日 時事通信より






    Choose :
  • OR
  • To comment