7/17/2012

東日本大震災:復興希望の夏祭り 住民、久々に再会−−いわき・平薄磯 /福島

 

 東日本大震災で 大半の家が流されたいわき市平薄磯地区で15日、「復興希望の夏祭り」が開かれ、地元住民ら約400人が駆けつけた。祭りは借り上げ住宅や仮設住宅などに 散り散りになった住民に再会の場を設けようと企画され、和太鼓演奏や住民による焼きそばなどの屋台も出店。梅雨空を吹き飛ばす和みのひと時を過ごした。


 同地区では高台の約20世帯を残して260軒が津波にのまれ、同市の津波犠牲者の3分の1以上にあたる116人が死亡、9人が行方不明となった。今も、高台移転や区画整理事業を巡って協議が続く。


 祭りは、震災直後から同市に住み込んでボランティア活動を続ける飯島秀男さん(58)=東京都小平市=が呼びかけ、東京都台東区の和太鼓グループ「TAWOO(タヲ)」も勇壮な音色を響かせた。


http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20120716ddlk07040090000c.html

    Choose :
  • OR
  • To comment