7/04/2012

北川 眠る人々に復興は…

 

2008年5月12日  中国の四川省に7.8級の地震


谷間の集落の道沿いに倒壊した建物と、がれきの山が連なる。中国四川省北川チャン族自治県の曲山鎮は、二〇〇八年の地震で壊滅し、ゴーストタウンと化した旧市街地をそのまま保存してある。  


住民の七割近い一万五千人が犠牲になった。生き残った人は別の場所に新造された街に移住。かわりに団体客がそぞろ歩き、観光用カートが走る。地元当局の担当者は「建物の安全性が重要だと教訓をくみとってもらうため」と意義を説く。  だが行方不明者が依然多く、建物やがれきの下には大勢の人が埋まっている。地震で崩壊した後、新市街地に再建された北川中学に通う女子生徒は「当時小学生だった私は無事だったが、中学校にいた二人のいとこは見つからなかった」。  


この街では日本の警察や消防、海上保安庁の職員らも緊急援助隊員として救出活動にあたった。先日、現場を再訪したある隊員は「四年たっても、重いコンクリートやれんがの下で苦しんでいるのを見るのは、つらかった。一人でも多く出してあげるべきだった」と目を潤ませた。  


復興の遅さが指摘され、今も行方不明者の捜索が続く東日本大震災の被災地とは対照的。だが、「四川の復興はほぼ計画通り三年余で完了した」と胸を張る担当者の言葉を素直に受け止められなかった。 (渡部圭)

    Choose :
  • OR
  • To comment