6/12/2012

思い出の品が日本到着 バスケットボールなど 米アラスカ州に漂着

 



フェデックスの機長らによって届けられた、東日本大震災の津波で流失したバスケットボールなど=11日、成田空港(米フェデックス提供・共同)


東日本大震災の津波で被災地から流失し、米アラスカ州に漂着したバスケットボールや養殖用浮玉などが日本時間の11日午前、成田空港に到着した。

同州から日本に航空貨物で送られたもので、近く持ち主らに届けられる。  配送を担当した米航空貨物大手フェデックス関係者が11日(日本時間12日)、共同通信に明らかにした。  


日本に到着したのは、岩手県陸前高田市の気仙中学校から流失したバスケットボール、宮城県南三陸町のレストランが看板として使っていた養殖用浮玉のほか、岩手県から流失したサッカーボールとバレーボール。送られた漂着物のうち、少なくともバスケットボールについては、フェデックス関係者が近く、気仙中に持って行く予定という。(共同)


 http://sankei.jp.msn.com/affairs/photos/120612/dst12061212590005-p1.htm


    Choose :
  • OR
  • To comment