2/06/2012

関東に、なぜか、まだいる皆さんへ。

 

  福島第一原発の2号機は、あきらかにおかしいです。よろしいでしょうか、再臨界の防止目的でないと、ホウ酸は、ふつう、入れないのです。ホウ酸を入れると いうことは、間違いなく何か異変がおきている可能性が高いです。ホウ酸を入れながら、再臨界のおきる可能性を、東電が否定する感覚は、矛盾していて、おそ らく、自分達のこれまでの立場を守ることしか、頭にないと思います。
 
 一月から、異変が起きていることも、「総理が、収束宣言を出したから、認められないこ とになっている」と東電内部で話されている流れで、僕は聞いています。構造的に隠蔽の上にも隠蔽を重ねる状態になっています。愚かな政府首脳陣はそうした 状態について、適切な自覚もありません。
 
  現在のところ、原子炉の温度は八十度手前ですから、まだ、あせることはないですが、朝になった位から、さらに原子炉の温度が上がれば、緊急事態の想定もし なくてはならないと思われます(一時緊急避難など)。マスクは必須。N95も、ある人は、手元に持っていてください。万が一、異変が進んだら、新幹線に飛 び乗るくらいの判断も想定しておきましょう。何にも収束していません。とりあえず、心の準備はしておきましょう。
しかし、本当に奇奇怪怪な状態です。
 http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/d/20120207
 

    Choose :
  • OR
  • To comment