1/01/2012

被災の寺、クレーンでつり「除夜の鐘」

 




宮城県気仙沼市の地福寺の「除夜の鐘」。震災による津波で鐘つき堂が流されたため、重さ1.5トンの鐘をつり上げているのは工事用のクレーン。人々は手にハンマーを持ち、次々と鐘をついていきます。

「(2012年は)みんなが笑えるような年にしたい」
「亡くなった方々の分まで頑張るという心を込めて・・・」(地元住民)
(1月01日2012年 06:23)

    Choose :
  • OR
  • To comment