1/07/2012

「伊達直人」、再び現る=各地でランドセル、現金-専門家「震災の影響も」

 

時事通信 1月7日(土)15時3分配信

漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」を名乗り、児童相談所などにランドセルや現金を送るケースが年末から全国で相次いでいる。同様の動きは1年前にもあり、「伊達直人現象」といわれたが、専門家は「今回は東日本大震災の影響も大きい」とみている。

寄付は2010年12月末、群馬県の児童相談所にランドセルが届けられたのが最初で、昨年1月には各地に拡大。現金や商品券が送られたケースもあり、20万円相当の商品券などが届いた児童養護施設「東京都石神井学園」では、子ども向けの本購入などに使われた。

再び活発になったのは昨年末。奈良市では12月26日朝、都祁行政センターに現金10万円入りの封筒が郵送され、「岩手県陸前高田市の被災者への支援に充ててほしい」旨の手紙が入っていた。市は全額を陸前高田市に寄付。担当者は「せっかくの厚意なので本人の希望を無にしないようにした」と話す。

神奈川県小田原市では12月22日、児童相談所がある合同庁舎の正面玄関前に、新品のランドセル4個が箱に入って置かれていた。相談所には昨年1月にもランドセル6個が届いたが、箱に書かれた文字や包装が似ており、送り主は同一人物とみられるという。今年に入ってからも、愛知県春日井市役所前に3日、ランドセル10個が届いた。

    Choose :
  • OR
  • To comment