12/01/2011

被災地の高速道路、1日から全車無料に

 

東日本大震災の被災者支援などを目的として1日から新たな高速道路の無料化制度が始まりました。岩手・宮城・福島の3県などでは全ての車が毎日無料です。

1日にスタートした高速道路の新たな無料化制度。被災地支援として、岩手・宮城・福島の3県などでは全ての車が毎日無料になります。ETCの利用でも無料です。また、観光振興として、東北などの日本海側でETCが付いた乗用車などが土日祝日に限り無料です。

被災地の優遇策、これまでは全ての区間が無料でしたが、新しい制度では対象区間以外は通常の料金です。

「渋滞がすごかったので、緩和されれば良い」
「(東海地方の)実家から(東北に)物資を持ってきたり、車で移動することが多かったので、(全区間無料が)なくなると痛手」(利用者)

さらに、避難者支援として、津波や原発事故で引っ越した人は無料区間への行き来が毎日無料になります。

NEXCO東日本では「新制度でETCの利用が増え、料金所が混まなくなる」とみています。(01日11:23)

    Choose :
  • OR
  • To comment