12/13/2011

パリで和太鼓、震災遺児への支援訴え

 


フランス・パリで、東日本大震災で親を失った子どもたちへの支援を呼びかけ、和太鼓の演奏が行われました。

エッフェル塔をバックに和太鼓のパフォーマンス。使われている和太鼓は震災による津波にさらわれながら奇跡的に回収され、修復されたものです。そして、演奏しているのは被災地から来た中学生、高校生たちです。

これは、日本の「あしなが育英会」が震災で親を亡くした子どもたちへの支援を訴え、子どもたちの心のケアを行う施設を建てるため、募金キャンペーンを行っているものです。「あしなが育英会」では今後、世界各地で支援を訴えていきたいとしています。(12日07:53)


http://news.tbs.co.jp/20111212/newseye/tbs_newseye4900127.html

    Choose :
  • OR
  • To comment