12/08/2011

ホテル・旅館の倒産急増=震災で過去最悪ペース―帝国データ

 

時事通信 12月8日(木)19時0分配信

帝国データバンクは8日、ホテル・旅館業界の今年の倒産件数が過去最悪のペースで推移していると発表した。11月末時点で119件となっており、これま で最多だった2008年(123件)を上回るのは確実な情勢。東日本大震災の発生と東京電力福島第1原発事故の影響で国内外からの観光客が激減し、大きな 打撃を受けたためだ。

119件のうち、震災の影響を直接受けた倒産は21件。帝国データによると、4月以降、「首都圏を中心に東日本のホテルや旅館で宿泊や宴会のキャンセル が相次ぎ、経営が立ち行かなくなった」(情報部)という。急激な円高や燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の引き上げも追い打ちとなり、台湾や中国の観 光客が多い西日本でも震災関連倒産が発生した。

    Choose :
  • OR
  • To comment