12/14/2011

ニール・ヤングさんら「トモダチ」支援

 



 世界的に有名なミュージシャンが日本の「トモダチ」への支援を表明しました。

 「今回も以前来日した時もそうでしたが、日本人の(落ち着いた)様子や互いを思いやり感謝しあう様子に、とても感銘を受けました」(ニール・ヤングさん)

 カナダ出身のミュージシャンで、ロックの殿堂入りも果たしているニール・ヤングさんや、アメリカの人気ヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」のリーダー、ウィル・アイ・アムさんが東日本大震災からの復興に向けた官民パートナーシップ「トモダチ」を支援すると表明しました。

 アメリカ軍による支援作戦と同じ「トモダチ」という名のついたこのプログラムは、およそ2か月前から始められたもので、短期的な要望に応えるだけでなく、次世代の若者の育成といった長期的なプログラムも展開しています。偶然にも震災の10日ほど前まで日本にいたというウィルさんは、救援ボランティアを日本で立ち上げるなど支援活動を積極的に行っています。

 「ここに来て日本を支援し、募金を行い、世界に対し震災前と同じように日本を見るよう人々に訴えることができて誇りに思います」(ウィル・アイ・アムさん)

 ウィルさんは15日、仙台を訪れ、被災した若者たちとの交流を予定しています。また、ニールさんも今後チャリティーコンサートを計画するなど、2人は今後も音楽を通じて日本を支援していきたいと話していました。(14日22:59)

    Choose :
  • OR
  • To comment