12/04/2011

「1万人の第九」、被災地と共に

 


大阪では年末恒例の1万人による第九の合唱が行われました。今年は東日本大震災の被災地との共同開催です。

 今年の「1万人の第九」は大阪城ホールと宮城県の会場を中継で結んで行われました。オーケストラの演奏に合わせ、被災した詩人・和合亮一さんが自らの詩を朗読し、黙祷が捧げられました。

 指揮者の佐渡裕さんは今回、自ら被災地に入り、東北3県から集まった1000人と共にベートーベンの交響曲第九番を合唱するため、練習に取り組んできました。

 そして4日夜・・・

 阪神大震災を体験した関西と東北を結ぶ絆。それぞれの人が復興と鎮魂の願いを込め、歓喜の歌を歌い上げました。(04日19:15)

TBS NEWS

    Choose :
  • OR
  • To comment