11/04/2011

ユニクロ会長らの奨学金30億円集まる

 

東日本大震災で保護者を失った子どもたちを支援しようと、建築家の安藤忠雄さんや「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長らが立ち上げた「桃・柿育英会」は、これまでにおよそ30億円の寄付が集まったことを発表しました。

「ここで日本人の底力を見せなければならない。身をもって生きる力のある子どもたちが出てきてほしい」(安藤忠雄さん)

寄付金は今後、岩手・宮城・福島それぞれの県が管理する基金に分配され、1500人あまりの子どもたちが高校卒業までの学費に充てられます。(04日18:38)

この記事を印刷

    Choose :
  • OR
  • To comment