11/01/2011

被災車両に群がる外国人…中東へ高値転売

 

 東日本大震災で津波をかぶった車両の部品を目当てに、被災地に入り込む中東系外国人が目立っている。日本車の部品は中東で高値で取引されるため、日本国 内の業者などが受け入れ先になり、商用資格で入国しているとみられる。

商用資格で解体作業を行っても資格外活動に問えない実態を逆手にとって、出入国を繰 り返しているケースも確認された。被災車両の解体は所有者の特定が進まずに滞っており、捜査当局は宝の山に群がる外国人に警戒を強めている。(中村翔樹)


東日本大震災で被災し、山積みにされた車両。津波をかぶって、動かなくなっても中東系外国人にとっては宝の山=28日、宮城県石巻市南浜町

    Choose :
  • OR
  • To comment