10/09/2011

巨大地震:東北沖440年間隔でM9級…東大地震研が推計

 

東日本大震災で記録されたマグニチュード(M)9級の巨大地震が東北沖で約440年おきに起きるとの 試算を、東京大地震研究所の纐纈(こうけつ)一起教授(応用地震学)のチームがまとめた。約37年おきに発生するM7級の宮城県沖地震などとともに、巨大 地震を繰り返す長い周期(スーパーサイクル)があるという。1000年に1回と言われた巨大地震の頻度が予想以上に高いことになる。12日から静岡市で始 まる日本地震学会で発表する。


大震災は、日本列島を乗せたプレート(岩板)と、その下に年約8センチ沈み込む太平洋プレートとの境界で、蓄積されたひずみが解放されて起きた。 チームは、過去の宮城県沖地震と、今回の大震災の震源域の宮城県沖部分で解放されたエネルギーなどを分析。GPS(全地球測位システム)から算出した年間 ひずみ蓄積量で割り、438年の間隔で巨大地震が起きていると推計した。

【八田浩輔】

毎日新聞 2011年10月10日 12時59分(最終更新 10月10日 15時21分)



 写真は茨城県大洗町に大津波が押し寄せた時の空からの写真。


    Choose :
  • OR
  • To comment