5/11/2011

(1)カンヌでも声援「頑張れ 日本!」

 

東日本大震災から2か月目の5月11日、ウッディ・アレンの『ミッドナイト・イン・パリ』の上映から第64回カンヌ国際映画祭が開幕します。被災地ではまだ大勢の方々が復興にはほど遠い、厳しい日々を過ごされているなか、今年もまたレポートを書かせていただけることを素直に嬉しく思い、英断を下された河北新報社に感謝いたします。


今年のカンヌで最初に目に飛び込んできたのは、プレス登録に行った主会場のオフィスの壁に貼られたポスターでした。赤い日の丸の顔から涙がぽろりと落ちているモチーフに、フランス語と日本語で"Courage Japon ! 頑張れ 日本!"の文字。誰が考えた、どんな運動なのか。10日の午後、このキャンペーンの主催者に会うことが出来ました。

その人はダニエル・マルケさんといって、長年フランス映画の製作や海外配給の仕事をしてきた方でした。日本の映画界にも友人知人友人が多く、今度の震災で大いに心を痛め、自分でも何か出来ないか考え、世界中の注目が集まる映画祭でキャンペーンをと思いついたのだそうです。カンヌ映画祭もすぐに協力を申し出てくれ、映画祭、フランス映画輸出協会、フランス赤十字との協賛でキャンペーンと募金活動を行い、集まった金額はフランス赤十字を通じて日本に送るということです。

 続きを読む>> http://blog.kahoku.co.jp/cinema/2011/05/post-98.html


Copyright © The Kahoku Shimpo

    Choose :
  • OR
  • To comment