5/03/2011

遼、埼玉県内避難所訪問 ゲームで童話で200人励ました!

 


埼玉県三郷市の避難所で、子供たちに絵本の読み聞かせをする石川

男子プロゴルフの石川遼(19)=パナソニック=が2日、震災避難所となっている埼玉・三郷市の瑞沼市民センターを訪問。福島・広野町などから避難している約200人の被災者に元気を届けた。約2時間滞在し、全員分のマグカップなどを寄贈したほか、子供たちと童話の朗読やゴルフゲームを行うなど気丈に交流。多くの被災者から激励も受け「すごい元気をもらった」と自らも刺激を受けた様子だった。

震災直後から熱望していた避難所訪問が、ようやく実現した。センターに着いた石川は早速被災者らに囲まれ、拍手で出迎えられた。「本当にお邪魔していいのかと緊張していましたが、自分が思ったより(被災者は)元気でした」と表情をほころばせた。

この日は母・由紀子さんと訪問。津波で全壊した住宅もあった上、福島第1原発事故の避難区域にもなった福島・広野町を中心に68世帯、206人と触れ合った。特に交流を深めたのは、小学生以下の40人。「自分が小さい頃習ったことや、経験したことをしたいと思った」と自らの発案で、「うさぎとかめ」などイソップ童話を朗読したほか、ゴルフゲームや、将棋を一緒に楽しんだ。

今季の賞金全額寄付など、金銭面の支援は既に表明しているが、これで物心両面の支援となり「大きな一歩」と達成感をにじませた。改めて強く感じたのは、日本人の結束力だ。体育館で空間を分け合い暮らす状況でも、予想以上に元気に過ごしていた被災者と間近に接し「絆を感じたし、親近感があった。そういう部分は日本人のすごいところ。(自分も)大切にして行動していきたい」と話した。

現在、日本ゴルフツアー機構では、宮本勝昌選手会長が中心となり、選手会で被災地を訪問する案も検討中。「もう少しで実現すると思います」とさらなる支援策を明かした。多くの被災者から「ゴルフを頑張って」と激励され、「すごい元気をもらった。諦めないプレーで、これからも(ゴルフを)極めていく」と決意を新たにした。まずは12日開幕の次戦、日本プロ日清カップヌードル杯で、今季初優勝を被災者に届ける。

◆避難所訪問を行った主なアスリート プロ野球では楽天の星野監督ら首脳陣が仙台市内で、ロッテは首脳陣、全選手が液状化が激しい千葉・浦安市で小中学校を回る形で行った。サッカーでは仙台が選手・スタッフ48人が石巻市内、鹿島MF小笠原満男が母校・大船渡高、横浜CFW三浦知良が釜石市内を訪れ、相撲の横綱・白鵬は福島市内を慰問。ゴルフでは今年のマスターズで27位に入った松山英樹(東北福祉大2年)が、石巻市内などでボランティア活動。

 (2011年5月3日06時02分  スポーツ報知)


    Choose :
  • OR
  • To comment