4/11/2011

東電、「チェルノブイリ超える懸念も」

 

東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は12日午前の記者会見で、政府が同日、福島第1原発事故を国際的な評価に基づく事故評価を最悪の「レベル7」 に引き上げたことについて、「福島第1原発は放射性物質の放出を止め切れておらず、(放出量は)チェルノブイリ原発事故に匹敵、または超える懸念がある」 との認識を示した。[記事詳細]

    Choose :
  • OR
  • To comment