4/09/2011

星野監督決意新た 宮城・山元の避難所を訪問

 

東北楽天の星野仙一監督は8日、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県山元町の避難所を訪れ、被災者を励ました。7日、選手とともに約1カ月ぶりに帰仙。勝利こそがチームに課せられた使命だと、決意を新たにした。

監督が避難所で発したのは、子どもたちへの強いメッセージだった。山元町山下中では「大人に任せず、君たちがまちを復興してほしい」。7日夜に訪れた仙台市六郷中では「いまの状況に耐えれば必ず強い人間になる。子どもたち、負けるなよ」と、声を詰まらせ訴えた。


つづきは河北新報より http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110409t14007.htm

    Choose :
  • OR
  • To comment