4/17/2011

健康には「気」が大切 浜松医大公開講座始まる

 

浜松医科大の教授陣が最新医療を分かりやすく解説したり、著名人が自身の健康の秘けつを紹介したりする「浜松医科大学公開講座2011 健康で美しく生きる!」(浜松医科大、静岡新聞社・静岡放送主催、浜松ホトニクス、浜松光医学財団浜松PET検診センター協賛)が16日、浜松市中区のアクトシティ浜松で始まった。講座は来年1月まで全7回。

初回は、湯浅景元中京大スポーツ科学部教授の「美しく老いるための“どこでもエクササイズ”」と、晝馬明浜松ホトニクス社長の「光と体と健康と」の2部構成で講演が行われ、受講生約700人が耳を傾けた。
晝馬社長は、光技術を使った最先端の医療機器や、がんや認知症に関する研究成果を紹介。女性は化粧をすると脳の活動が活発になることなどをデータで示し、「『病は気から』と言われるように、健康で美しく生きるためには『気』が大切」と語り掛けた。

2回目以降は、女優の寿美花代さんや秋野暢子さんらの講義を予定。問い合わせは静岡新聞社・静岡放送企画事業局〈電054(281)9010〉へ。


静岡新聞より

    Choose :
  • OR
  • To comment