4/13/2011

相馬の津波「9・3メートル以上」 観測史上最大記録を更新

 


東北地方太平洋沖地震 福島・南相馬市に到達した津波を視聴者のカメラがとらえる

気象庁は13日、東日本大震災で福島県相馬市の津波計で観測されていた津波の高さが「9・3メートル以上」だったと発表した。観測装置に残っていた記録を復元して判明、実際はこれを上回る可能性があるという

東北の気象庁観測点に記録された大震災の津波としては、岩手県宮古市の「8・5メートル以上」を上回り最大。気象庁の検潮所などで記録された津波のデータとしても、観測史上最大となった。同県大船渡市の検潮所付近の現地調査で、津波の痕跡から割り出した「11・8メートル」に次ぐ規模という。相馬市の津波計はデータ送信装置が破壊。復元された記録によると、3月11日午後3時ごろから潮位が下がり始め、3時40分ごろから急上昇。51分に最大になったが、その後の記録は残っていない。

相馬市の観測点は、大規模津波にも耐えるとされる「巨大津波観測計」だった。

MSN SANKEI NEWS

    Choose :
  • OR
  • To comment