4/21/2011

東電社長、知事に直接謝罪=福島原発事故後初めて

 

東京電力の清水正孝社長は22日午前、福島県庁に佐藤雄平知事を訪ね、福島第1原発の放射能漏れ事故について「大変なご迷惑をお掛けしていることを深くおわびする」と謝罪した。事故後、清水社長が知事と面会したのは初めて。これまでも知事に直接会って謝罪したい意思を示してきたが、面会を断られたり、不在だったりしたため会うことができなかった。
同日午後には、原発から20キロ圏内の富岡町の住民らが避難している郡山市の避難所を訪問し、初めて原発周辺の住民に直接謝罪する。 

4月22日(金)10時13分配信  時事通信


    Choose :
  • OR
  • To comment