4/11/2011

石原軍団、渡が舘が石巻で大規模炊き出し

 



俳優の渡哲也(69)が社長を務め、舘ひろし(61)や徳重聡(32)が所属する「石原プロモーション」が東日本大震災で被災した宮城県石巻市で、14日から大規模な炊き出しを行うことが11日、分かった。同プロの炊き出しは1995年の阪神・淡路大震災でカレー、焼きそばなどを振る舞い一躍有名に。この日、ツイッター上で、同プロのロゴ入り車をはじめ10台のトラックが北上中との“つぶやき”がアップされた。

未曾有の大惨事発生から1カ月。ついに「石原軍団」が動き出した。

14日から約1週間にわたり、石巻中央公民館横の駐車場で炊き出しを行い、渡、舘、徳重ら全所属タレントが駆けつける。

同プロの倉庫にはもちつき器、1度に3000人分の米が炊ける釜など“炊き出しグッズ”を常備。これまでに所属俳優の主演ドラマのイベント、事務所の記念事業などに登場し、小林正彦専務(75)の指揮の下で豚汁や焼き肉、ステーキ、赤飯から天丼まで多彩な食事が振る舞われてきた。歌手の浜崎あゆみ(32)、女優の上戸彩(25)らも舌鼓をうったひとりだ。

95年の阪神・淡路大震災では、地震発生から間もない2月8日に兵庫・芦屋市内のグラウンドで炊き出しを開始。その量は1日に4000人分に及んだ。渡の弟で俳優、渡瀬恒彦(66)も参加し被災者を励ました。今回は広範囲に及ぶ被災地に迷惑が掛からぬよう、入念に下調べを進めた上でGOサインが出た。

石原プロはサンケイスポーツの取材に「千年に1度、経験するかしないかという未曾有の震災で家族、家を失い、大変つらい思いをして生き残られた方々のために、石原プロができることはこれしかない。亡くなられた方を弔う意味でも、炊き出しをやりたい」と説明した。メニューは長年の炊き出しで味に磨きをかけたカレー、おでん、焼きそばなどになるという。

この日のツイッター上では早速、「石原プロモーション」と記された約10台のトラックが、東北道を走行している目撃情報が多数寄せられた。頼もしき男たちが、力強く被災者を支援する。

Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

    Choose :
  • OR
  • To comment