4/18/2011

手作り風呂 笑顔沸く/漁師・柳橋浩哉さん(29) 石巻市

 

◎浜は家族 もう一度海へ

「ぬるぐねぇがぁ~」 湯加減を尋ねると、子どもたちの元気な声が「ちょうどいいよ~」。
牡鹿半島にある石巻市狐崎の鹿立(すだち)浜。脱サラ漁師、柳橋浩哉さん(29)は、にわかに風呂屋の主人になった。

「みんなに喜んでもらえるのが何よりだよ」

鹿立浜と隣の福貴浦の集落は、3月11日の津波で壊滅的被害を受けた。住民約140人が集会所や民家、水産会社の倉庫に身を寄せる。食料は心配ないが、水道や電気の復旧が遅れ、3週間以上も入浴ができずにいた。



柳橋さんも被災者の一人。風呂造りを思い立ったのは3月下旬だ。浜に流れる小さな沢を設置場所に選んだ。漁師仲間の平塚友洋さん(25)の手も借り、壊れた家の風呂おけを運び、側溝のふたやドラム缶で釜をこしらえ、完成まで約1週間。

「途中、実際に入ってみながら工夫を重ねた」という。沸かした湯をホースでおけに流せるようにし、女性が気兼ねなく入れるためのカーテンを付け、風呂釜のドラム缶も2本に増やした。
待望の「風呂開湯」のニュースは集落中に知れ渡った。「久々の風呂。生き返ったよ」「ありがとう。お世話さま」。住民たちは開設者に敬意を表し「柳の湯」と呼ぶ。

石巻市渡波町出身。漁業と縁のない家庭で育ったが、「海の仕事は格好いい」とあこがれた。
妻未佳さん(29)の実家が鹿立浜。柳橋さんもカキむきなどの仕事を手伝い、「自分は度胸がないから漁師は無理」と思いつつも夢は膨らんだ。漁師の生活を始めたのが3年前。勤めていた魚問屋を辞め、未佳さんと3人の子どもと鹿立浜に移り住み、義父平塚文弘さん(52)の船で修業しながら生活費を稼いだ。

ことし初め、初めて自分の船で海に出たナマコ漁は、ベテランの漁師をしのぐ水揚げになった。
「思うように魚が捕れずショック、みたいな時もある。でも、頑張れば頑張るだけ稼ぎになる。魚を人にあげて喜んでもらえるのもうれしい」所属する宮城県漁協東部支所の幹部からは、より安定した収入が得られるカキ養殖に本格的に参加するよう勧められていた。ついに浜の一員として認められた証しだった。

夢に見た漁師生活を順調に歩みだした時、大津波が来た。新築の家は壊れ、漁具も流された。漁港は地盤沈下し、カキむき場は破壊された。家族全員の無事が救いだ。

「また漁に出られる日がいつになるのか」「福島第1原発事故の風評被害で、太平洋の魚が売れなくなるんじゃないか」漁港復旧の見通しも不透明で、漁師仲間からはため息が漏れる。柳橋さんも今、遠洋漁船などの就労先を探している。浜での暮らしを諦めてはいない。「ここが好きだから移り住んだ。皆いい人ぞろいで、自分のようなよそ者を迎え入れてくれた。再び漁ができるようになったら戻ってきて、海に出る」そう考え、家族のような住民たちを「柳の湯」で元気づける毎日だ。

(大友庸一)

河北日報  http://www.kahoku.co.jp/news/


河北新報はkizuna311を応援しています。

    Choose :
  • OR
  • To comment