4/13/2011

児童7割死亡・不明 校長、無念さにじませ 宮城県石巻市立大川小学校

 

東日本大震災で全校児童の約7割にあたる74人の死者・行方不明者を出した宮城県石巻市立大川小学校の柏葉照幸校長(57)は13日、毎日新聞の取材に 「津波対策をと話し合っていたところだった」と語った。大川小の児童の多くは避難中に津波にのまれたが、校外にいて難を免れた校長は、無念さをにじませ た。

柏葉校長によると、10年2月のチリ地震で「津波対策を講じなければとの声が出たが具体化しなかった」という。しかし、大震災2日前の3月9日に同県内 で震度5弱を観測する地震があり「改めて逃げ場を探さなければならない、PTAの力を借りて裏の山に階段を付けようか、という話が持ち上がっていた」と明 かした。

3月11日、大きな地震で教職員11人と児童たちはいったん校庭に集まった後、学校から約200メートル離れた、やや小高くなっていた新北上大橋のたもとに逃げようとして津波にのまれた。

◇「自分がいても…」

震災前、大川小では津波に備え「高いところ」に逃げることになっていた。柏葉校長は「校舎2階か裏手にある山かどちらかに逃げればと考えていた。居た先 生たちも悩んだはず。しかし、どちらも津波が襲った。自分がいても被害者が大勢出たことには変わりなかっただろう」と述べた。発生当時は中学生の娘の卒業 式で同県大崎市内にいた。

柏葉校長は亡くなった児童に「ただ安らかに眠ってほしい。子供たちにはこれからいっぱいやりたいことや将来があった。本当に無念だったと思う」と話した。【遠藤拓】

毎日新聞より




2011年3月19日 ... 宮城県石巻市の市立大川小学校は18日現在、全児童108人のうち、24人しか生存が 確認されていない。 ... 宮城県石巻市釜谷の市立大川小学校を大津波が襲った。 生き残った児童は108人中、わずか24人、多くの子供たちが小さな命を...「冷たい所から出してあげたい」持ち主不在のランドセル・・産経ニュースよ り

    Choose :
  • OR
  • To comment