4/12/2011

菅政権「さらなる災禍招く」=小沢氏、首相の震災対応を批判

 

民主党の小沢一郎元代表は13日、東日本大震災や福島第1原発事故への菅政権の対応について、「初動対応の遅れをはじめ、菅直人首相自身のリーダーシップの見えないままの無責任な内閣の対応は、今後、さらなる災禍を招きかねない」などと厳しく批判する見解をまとめた。

 見解は、同日開かれた小沢氏を支持する若手議員でつくる「北辰会」の会合で配布された。見解では、「政治家が最後に責任を取る覚悟を持てないのであれば、何のための政権交代だったのか」と指摘。統一地方選前半戦での民主党の敗北に関しても「国民からの菅政権への警告だ」としている。

    Choose :
  • OR
  • To comment