4/18/2011

津波浸水の桜咲き誇る 釜石・唐丹地区

 

岩手県釜石市の唐丹地区で、震災の津波被害に遭った10本の桜ががれきの中で開花した。

市によると、10本はソメイヨシノで、1934年春、前年に三陸沿岸を襲った昭和三陸津波からの復興祈願と、今の天皇陛下の生誕記念を兼ねて植えられた。今回の津波で根元から数十センチ程度の高さまで水に漬かったが、例年通り花を咲かせた。
住宅が半壊した同地区の無職小浜勝子さん(68)は「美しい桜を見て、元気が出てきた」と目を細めた。

河北日報  http://www.kahoku.co.jp/news/


 4月19日(火曜日)






河北新報はkizuna311を応援しています。

    Choose :
  • OR
  • To comment