4/14/2011

被災地に届け、5万食の焼きたてパン…空自の輸送機が運搬

 

東日本大震災で被災地への物資輸送にあたる航空自衛隊のC130輸送機に15日、同乗した。

午前8時、小牧基地(愛知県)で7トン(5万食)のパンがC130に運び込まれた。うずたかく積まれた段ボールには、食パンや菓子パンを梱(こん)包(ぽう)。なかには消費期限が17日という鮮度の高いパンもある。機体いっぱいにぎっしりと積み込まれた。

9時、小牧を離陸したC130は一路北へ。10時15分、空自の輸送活動の前線拠点である松島基地(宮城県)に到着した。パンはすぐに搬出され、陸上自衛隊や民間運送会社の車両に積まれ、被災地へと向かった。(半沢尚久)


 産経新聞

    Choose :
  • OR
  • To comment