4/17/2011

イランで慈善コンサート 東北にいた主婦が主催

 

【テヘラン共同】学生時代を仙台市などで送ったイラン人の主婦アティエ・イザディさん(27)が「お世話になった日本へ恩返しがしたい」と東日本大震災の被災者を支援する慈善コンサートを15日、テヘラン市内の自宅で開催、300人以上が集まった。

イザディさんは父親の仕事で小学6年から11年間、仙台市などで暮らし、秋田大学を卒業した。「今回の震災で失ってしまった友達もいる。この企画を第一歩として今後も支援を続けたい」と話した。
テヘラン在住の林原慶子さん=埼玉県出身=らがイランの伝統楽器を演奏、仙台市を訪れたことがあるイラン人高校生のアミル・ホセインさんが詩を朗読した。集まった義援金約30万円はNPOなどを通じて被災地に届ける。イザディさんは5月に日本人の夫(32)と訪日し、震災支援のボランティアに加わる予定だという。

静岡新聞より 

    Choose :
  • OR
  • To comment