4/14/2011

安置所の身元不明遺体写真 警察署などで閲覧可 宮城

 

宮城県警は14日、安置所に収容している身元不明の遺体の写真を、沿岸部を中心とする警察署、駐在所などで閲覧できるようにした。県内12カ所の安置所でも、他の安置所にある遺体の写真を閲覧できる。
行方不明者を捜している人に安否確認の手掛かりにしてもらうため、新たに16カ所に写真台帳を整備した。

閲覧を希望する人は午前10時ごろから午後5時ごろまで、各施設で申請する。最終的な身元確認の手続きは、遺体がある安置所で受け付ける。

県警はまた、身元不明者の犠牲者が所持していた携帯電話の情報も県警のホームページで公開している。遺体の性別のほか、携帯電話の契約者名と住所、電話番号の一部を掲載している。

遺体の写真を閲覧できる警察署などは次の通り。

仙台南署▽仙台東署▽塩釜署▽岩沼署▽石巻署▽気仙沼署災害警備本部(気仙沼・本吉広域防災センター)▽気仙沼署大島駐在所▽気仙沼署小原木駐在所(18日から)▽気仙沼署本吉駐在所▽唐桑体育館(15日まで)▽佐沼署▽登米署▽河北署▽南三陸署災害警備本部(ベイサイドアリーナ内、18日から)▽角田署▽亘理署

2011年04月15日金曜日

河北新報より

    Choose :
  • OR
  • To comment