4/14/2011

福島の酪農家の苦悩

 



原発事故現場から50キロ離れた福島県新地町の酪農家水戸さん。しぼったミルクを牧場に毎日1200リッター流し捨てる状況が3月から続く、それは消費には不適とされ廃棄せざるを得なくなった。水戸さんは政府へ2回の検査を申し出ているがまだ政府から消費基準の許可が下りていない。

福島第1原発から流出した放射性物質による汚染が広まり、水戸さんをはじめ酪農家数百軒からの生乳の出荷が停止されている。

(Xinhua/Reuters Photo)

    Choose :
  • OR
  • To comment