4/01/2011

震災で両親が死亡・不明、岩手と宮城だけで65人

 

東日本大震災で両親が亡くなったり行方不明だったりする子どもが岩手、宮城両県だけで約65人いることが、両県への取材でわかった。今回の震災で孤児数 の調査が明らかになったのは初めて。調査は避難所を対象とし、在宅の被災者や、調査に着手できていない福島県は含まれていないため、阪神大震災の68人を 上回る見通しとなった。 (朝日新聞)
[記事全文]

    Choose :
  • OR
  • To comment