3/18/2011

被災した犬や猫に救いの手

 




広島市安佐北区のNPO法人犬猫みなしご救援隊が、東日本大震災で被災したペットの保護に乗り出している。既に1度、被災地に入り犬猫を救助。今後は一時預かりにも応じ、被災した飼い主とペットを支援する。



中谷百里理事長たち3人が14、15日、大津波で多数の犠牲者が出た仙台市若林区にワゴン車で入った。押しつぶされた民家の周囲などから犬1匹、猫4匹を保護。避難所を回って飼い主を捜し、一時預かりを受け付けるチラシを配った。


約1100人が避難する七郷小では、ペットと一緒に避難する飼い主の相談に応じた。保護した犬猫は安佐北区の施設に収容する。犬猫みなしご救援隊=082(812)3745。
【写真説明】メンバーが仙台市若林区で保護したポメラニアン

    Choose :
  • OR
  • To comment