3/26/2011

2年前に「大津波危機」指摘も…東電、想定変更せず

 

平安時代の869年に起きた貞観津波の痕跡を調査した研究者が、福島第1原発を大津波が襲う危険性を09年の審議会で指摘していたことが26日、分かった。東電側は「十分な情報がない」として地震想定の引き上げに難色を示し、設計上は耐震性に余裕があると主張。津波想定は先送りされ、地震想定も変更されなかった。この時点で非常用電源など設備を改修していれば原発事故は防げた可能性がある。


 06年改定の国の原発耐震指針は、極めてまれに起こる大津波に耐えられるよう求めるなど大幅に内容を改めた。東電は、新指針に基づき福島第1原発の耐震設計の目安となる基準地震動を引き上げると保安院に報告。保安院は総合資源エネルギー調査会の原子力安全・保安部会で研究者らに内容の検討を求めた。


 委員で独立行政法人「産業技術総合研究所」の岡村行信活断層・地震研究センター長らが、宮城県などで過去の津波が残した地中の土砂を調査。貞観地震の津波が、少なくとも宮城県石巻市から福島第1原発近くの福島県浪江町まで分布していることを確認した。海岸から土砂が最大で内陸3~4キロまで入り込んでいた。

Yahoo  3月26日

    Choose :
  • OR
  • To comment