3/16/2011

「原発奴隷」「原発ジプシー」 原発で働く下請け労働者の存在

 

作業員の被ばく量引き上げ、福島原発事故で厚労省

厚生労働省は15日、東日本大震災での福島第1原発事故で応急対策にあたる作業員に関し、
放射線の被ばく線量限度を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げる規則の特例を
定めたと発表した。経済産業省などの要請に基づくもので、
250ミリシーベルトへの引き上げは初めて。
これにより1回あたり15分程度だった作業時間が30分程度に増えるという。

国際基準では重大事故時の被ばく線量限度は500ミリシーベルトとなっているが、会見した
小宮山洋子副大臣は「労働者の健康を考えると今後さらなる引き上げは考えられない」とした。
また同副大臣は、福島第1原発事故で半径20キロ外に避難した住民の検査などのため、
全国の都道府県などに対し医師や放射線技師の派遣を打診していることを明らかにした。


http://sankei.jp.msn.com/region/news/110315/fks11031523450024-n1.htm

    Choose :
  • OR
  • To comment