3/17/2011

円相場一時、1ドル76円台前半まで急騰

 


3月17日の外国為替市場で円相場は一時、1ドル=76円台前半まで急騰し、1995年4月につけた79円75銭の戦後最高値を、約16年ぶりに更新した。


東日本大震災で被害をうけた東京電力福島第1原子力発電所のトラブルが深刻化する中、復興のために日本企業が外貨建て資産を売るとの見方が広がり、投機筋を巻き込んで円買いが進んだ。円高の進行は輸出企業の採算悪化を招き、日本経済に打撃を与えそうだ。 =17日午前7時31分、港区東新橋の外為どっとコム(大山実撮影)

話:
1995年1月の阪神淡路大震災後の円上昇なんてこれは噂! よく考えてみようよ、去年から1995年の戦後最高値の話は何度も繰り返されていたけれど

1995年1月の阪神淡路大震災後の円上昇 とは誰も書いていなかった事を思い出してほしい。

これは単なる理由付けのこじつけ状態。 FX自動設定で予想外の円高が進んだ結果だ。


空海

    Choose :
  • OR
  • To comment