1/17/1995

阪神大震災 1月17日 午前5時46分

 



神戸市兵庫区新開地の交差点にあった三菱銀行のビルの倒壊。
1月17日 兵庫区  神戸市の公式ホームページより




地震の直後、広範囲に火災が起きた長田地区の長田工業高校は被災して亡くなった人の安置所になっていて、体育館は足の踏み場もないほど多くの棺桶が列び、 そこにも入れない棺桶は校庭の片隅に設置されたブルーテントの安置所内に並べられていた。棺桶の上には被災者の名前、年齢、死亡原因等が書かれてあり、一 片の菊の枝が置かれていた。

安置所の外では、焼け跡から収集してきたゴミを入れたゴミ収集車がやって来て、校庭の片隅にぶちまける。それらゴミの中には焼けた遺骨が混ざっているの だ。

遺族たちは箸でそのゴミの中から焼けた骨のかけらを探し、ビニール袋に入れていた。どの骨が誰の骨なのか判るはずもないが同じ町内で亡くなった人であ る事は確かである。それは棺桶に入る事もなく骨壺に入れられ、遺体を発見出来なかった遺族に分けられた。
死者6500人、それは戦後、日本人が経験した最大の悲劇なのだ。

http://www.janjannews.jp/archives/2618648.html

1995年1月
兵庫区 新開地





1995年1月17日淡路、阪神を襲った大地震
あの日、地震さえ起こらんかったら、、、
Tuesday, January 17, 1995, at 05:46 JST

    Choose :
  • OR
  • To comment